「MTSコンサルタント」養成講座を開講します

突然ですが、来年1月から、「MTSコンサルタント養成講座」(略称MTS講座)を開講します。

このブログでも、これから12月まで「MTSコンサルタント養成講座」の全体像をご紹介します。

紹介というスタイルをとって、実はMTSの真髄とその活用法を紹介したいと思います。

つまりMTS=「Mind・Tool・System」の魅力と実践効果をお伝えしたいのです。

開講の理由は、「より多くのコンサルタントの皆さんに、MTSを使っていただきたい」ということです。

しかしこれだけ多くのコンサルタントが活躍しているのに、コンサルタントの養成機関は、本当に少ないことに驚きました。

士業は国家資格ですから、専門学校から大学院まであるのは当然ですが、コンサルタント業界は実にあいまいです。
資格がなくても開業できるし、実力と実績本位ですから、養成機関がなくても問題はなしということになります。

ただコンサルタントの社会的影響力は、他のどの職業にもまして大きいことを思うと、今のままの放任でいいのか…?
何かの基準があってもいいように思いませんか?

もちろんコンサルタントの世界は経営コンサルタントだけでなく、インストラクターやファシリテーター、
キャリアカウンセラーなど広く含み、統一したコンセプトはできません。

その中で「MTSコンサルタント」とは、どんなコンサルタントを意味するか?
これを明確にしないと、クライアントだけでなく、社会全体からも信用や責任を問われます。

私は、人間力と専門力で、コンサルタントの「規範」となるコンサルタントをつくるこのMTS講座の概要を、
5回に分けて明確にしたいと準備しています。

blog30

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です