「結果」を出すMTSコンサルタントとは  

「結果」を出すという意味は、研修などの直後のアンケート結果ではありません。

直後の結果が必要なのは、講師を派遣した会社と社内の研修企画者だけです。

直後の研修や講師評価は、実行と検証がありませんから、結果とはいえません。

 
社内の研修企画者にとっての「結果」と「評価」は、研修やコンサルティングの実践の後の結果です。

もちろん研修直後の反応を確認することも必要ですが、最終での「投資効果」を確認したいものです。
 
例えば1ヶ月後と3ヶ月後の成果を、提出してもらうやり方もあります。

結果の出し方は、研究開発部と生産部と営業部を比較すると、それぞれが異なります。

「結果の出し方」は、クライアントニーズに合わせ、成果イメージを明確にすることが大切です。

この話し合いをあいまいにして、研修会社の標準アンケートだけで済ませないことです。

MTSコンサルタントは、自分の研修知識やスキルだけでなく、
クライアントが求める「期待成果」を明確にすることからスタートします。
 
これがクライアントとの「志」やビジョンを共有する第一段階です。 

MTSによる研修やコンサルティングは、「結果を出すこと」を話し合うと自然に、
その先にある志やビジョンが見えてきます。そしてステップ表や推進表に書き込むことになります。

「結果」を目指すことで、研修参加者・クライアント・講師は、三位一体になります。

blog32

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です