アベノミクス 「新・三本の矢」とMTS①

安倍内閣の目玉は「アベノミクス」の経済戦略であることは誰もが知っています。

旧三本の矢は、大胆な金融緩和で、円安と株高をもたらし、株価は二倍超、企業業績も過去の最高水準になりました。

しかし円安が輸出、業績拡大が設備投資、雇用増が消費拡大などに直結していません。

焦眉の急として、アベノミクスの新展開が求められ「新・三本の矢」が放たれました。

①希望を生み出す強い経済 ②夢をつむぐ子育て支援 ③安心につながる社会保障

さらに「一億総活躍プラン」も大々的に発表し、担当大臣までいます。

しかし評論家やマスコミの反応は、厳しいです。

厳しい理由は「具体策がない!」の一語に尽きます。

私も何時間もかけて探しましたが、官僚が作成した奇麗な絵はありますが、現場ですぐに使えて

「これだ!」と納得する具体策は、どこにもありません。

新・三本の矢は、現場に届かないと、安倍内閣の挫折と日本の危機に向います。

MTSは、第一の矢の「生産性革命」「働き方改革」を、現場でMind・Tool・Systemに具体化します。

「現場発→自力実行」のMTS方式は、Step表・推進表・成果表で、成果を創出します。

官僚作成型アベノミクスを、批判でなく「建設」に変える方式がMTSです。

blog44

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です