グーグル発・生産性向上への唯一の答えは「思いやり」

グーグルが、「生産性向上への唯一の答えとして「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」という社内での実践と調査の結果を発表しました。「社員の生産性を極限まで高めるにはどうしたらいいか」という2012年から取り組んできた労働改革プロジェクト(アリストテレス・プロジェクト)の報告です。

そして結論。「チーム力を高め、成功に導く要因は“他者への心遣いや同情・配慮・共感”」となりました。詳しくは、「グーグル 成功のカギ」で検索してください。

この 「他者への心遣いや同情・配慮・共感」を一言で言い表す英語がありません。
(最も近いのがCompassionですが、同情に近い概念です)

日本語にピッタリの言葉を塩川流に解釈するとが「思いやり」です。

グーグルという、世界最高峰の知を駆使する会社が、4年間かけて研究した結論が、「生産性向上への唯一の答えは思いやり(行動)」として、ネットで全世界に発表したのはスゴイことです。

実は私が現在取り組んでいるマネジメント研究は、その原点が「思いやりのマネジメント」です。

その実践舞台を保育園に求め、この10年間、保育園に「思いやり運動」を提唱し、実践を続けています。既に全国37の都道府県で講演や研修をしています。

グーグルの実践と成果発表は、MTSというマネジメントの普及への、大きな裏付けとなりました。

blog47

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です