「集団天才力」は最重要目標の達成力 

「三人よれば文殊の知恵」は、誰でも知ってる格言です。
しかしこの言葉を、もっと深く研究し続けた人の話は聞いたことがありません。

「集団天才」は、私の造語でなく、何十年も前のことですが、
私の大先輩が「意見を統合すれば集団天才になる」と言っていたのを思いだし、
MTSのキーワードにさせてもらいました。

集団天才の定義や使い方は、私のオリジナルです。

単純に集団天才を翻訳しても、“文殊の知恵”と同じ言葉の意味説明ではだめです。

集団天才とは、集団天才としての「知行合一」が必要です。

集団天才とは「目標達成力」です。

個人の天才を探すのは大変です。しかし職場なら、全員で集団天才になれます。

なぜ職場が集団天才になれるか?
MTSの考え方と仕組みを共有すれば、今日からその実行が可能です。

考え方は、「最重要目標の価値」を職場全員で共有します。

仕組みは、目標達成ストーリーをStep表で作成し、天の声で全員の総知を結集します。

これで形と心が一体になりました。

目標に魂を入れ、目標達成の先に、ビジョンや志を描きましょう。

数字だけのノルマでも、その達成による一体感や未来への希望を描くことで志が見えてきます。

blog19

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です