MTS自分経営とは

「セルフマネジメント」という考え方があります。「自己管理」のイメージがありますが、これから紹介する私の考え方とは大きく異なります。

自分経営とは、管理される自分でなく、自立した自分のマネジメントをすることを意味します。

自分のビジョンや、自分自身の経営の理念や長期計画も描く、自分のマネジメント体系が自分経営です。

自分経営の売り上げは「給料」です。会社や上司は、「自分以外はわが師でありわが顧客」となります。

「自分経営」この体系は、定年後も創り続けたら、「自分史」の核心になります。
プログMTSは、何度も「自分経営」のあり方を研究し続けたいと思います。

自分経営は、自立する自分の存在証明を描くわけですから、つくるほどに、自分を強くし、自分経営は発展します。

自分経営の「理念」「ビジョン」「人間観や仕事観」「年次別自分の実績」「長期計画」「自分の強み」などなどを、じっくり作り込み、顧客である自分の関係者に見せてもいいです。

特に役立つのは転職を考えたりするとき、面接のときの説明資料にも使えます。

しかし何より大切なことは「今の職場での自己管理資料」として役立たせることです。
そのために、今後このブログとホームページでご紹介するMTS推進表も組み込んで作成します。

「自分経営とは?」の定義は、自分で書き込みます。例えば、テレビ会社、建設会社など全部の会社が経営方式が異なるように、自分の会社経営は自分で考えます。
「自分株式会社」の事業内容や売上は、利益はどうなのか?を考えていきます。

自分経営を考えると「自分の価値」が見えてきます。
何に貢献し、どんなチームワークで取り組んでいくか、・・・。

自分の価値や貢献性をより高くするために、自分経営の体系を整えます。

blog26

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です