MTS自分経営とは

「セルフマネジメント」という考え方があります。「自己管理」のイメージがありますが、これから紹介する私の考え方とは大きく異なります。

自分経営とは、管理される自分でなく、自立した自分のマネジメントをすることを意味します。

自分のビジョンや、自分自身の経営の理念や長期計画も描く、自分のマネジメント体系が自分経営です。

自分経営の売り上げは「給料」です。会社や上司は、「自分以外はわが師でありわが顧客」となります。

「自分経営」この体系は、定年後も創り続けたら、「自分史」の核心になります。
プログMTSは、何度も「自分経営」のあり方を研究し続けたいと思います。

自分経営は、自立する自分の存在証明を描くわけですから、つくるほどに、自分を強くし、自分経営は発展します。

自分経営の「理念」「ビジョン」「人間観や仕事観」「年次別自分の実績」「長期計画」「自分の強み」などなどを、じっくり作り込み、顧客である自分の関係者に見せてもいいです。

特に役立つのは転職を考えたりするとき、面接のときの説明資料にも使えます。

しかし何より大切なことは「今の職場での自己管理資料」として役立たせることです。
そのために、今後このブログとホームページでご紹介するMTS推進表も組み込んで作成します。

「自分経営とは?」の定義は、自分で書き込みます。例えば、テレビ会社、建設会社など全部の会社が経営方式が異なるように、自分の会社経営は自分で考えます。
「自分株式会社」の事業内容や売上は、利益はどうなのか?を考えていきます。

自分経営を考えると「自分の価値」が見えてきます。
何に貢献し、どんなチームワークで取り組んでいくか、・・・。

自分の価値や貢献性をより高くするために、自分経営の体系を整えます。

blog26

「集団天才職場」を日本中に創ろう

「なぜ集団天才職場か?」を日本経済のリスクを考える視点からまとめてみたいと思います。

日本の国債格付け(ソブリン格付け)が、下降を続け、ついに韓国(11位)、中国(12位)にも抜かれて、14位です。日本の財政悪化を、世界は悲観的に見ていることと、国際信用力の低下が止まらないという現実が、明確になってきました。

アベノミクスが日本経済を再生し、オリンピックに向けて好景気時代が始まると錯覚している人は、大きな誤算となることを覚悟しなければいけません。

世界の財界が韓国や中国を上位に位置づけた事実を、日本の政治や経済そしてマスコミは過小評価しています。
この国債格付けへの事実誤認は、安全保障関連法案を押し切った先で、日本の国際的危機を招来することになると懸念しています。
では私たちに何ができるか…。

「職場力」を強化して、経営と経済の足元を固めることです。
太平洋戦争の後、経済再生への国民運動的盛り上がりをしたのは「品質管理(QC)」運動でした。
今の日本は、経済の成熟期を超え、衰退期とさえ言われています。このまま行ったら、きっとそうなるでしょう。
アベノミクスで日本経済が再生するなら、国債格付けが良くなるはずです。しかし悪くなっているのが現実です。

日本人の最大の資産は「現場力」です。
全ての危機の現実は、現場力が衰えていることにあると、私は考えます。
このブログを読まれている皆さん、共にMTSを立ち上げましょう!
MTSは、現場を「集団天才職場」にします。

60年前の日本の現場は世界一の品質管理で立ち上がりました。
今、立ち上げるのは、日本人の最大の強み「集団力」で、人間再生社会を目指す「集団天才職場」を日本中に創ることです。

blog25

全ての人は「集団天才力」を持っている

Windows95が発売されて以来、一気にデジタル社会に突入しました。20年前まではアナログ社会でした。
最も大きな違いは、集団的行動が激減したことです。

朝出勤してから、退社するまで、挨拶や対話をしなくても仕事ができるようになりました。
今日の仕事をこなすことだけなら、それでもいいかもしれません。
しかし大きなテーマや難しい問題になると、やはり集団力が必要です。

集団力が衰退すると、組織力や人間力までが退化します。
しかし効率的で超スピート処理のできるデジタル社会を否定することではありません。

今の職場づくりに「集団天才職場」というキーワードを加えませんか。
自分の持ち味や強みも「集団天才力」です。潜在化しているのは顕在化し、皆で認め合います。
強みや持ち味を連結すれば、対話が始まります。
対話力は、職場のコミュニケーションを深め、問題解決と相互連携を深め、素晴らしい集団天才力を引き出します

MTSは、Step表によるコミュニケーションを特に重視します。
最重要目標は、Step表で掲示され、全員の役割や目標達成へのポイントが明記されています。

集団天才力を発揮する職場のStep表の精度を高めると、全員の仕事の質も自然に向上します。
全員が集団天才力を認め合う関係になると、集団力は、驚くほど進化します。

集団力を説明する一番分かり易い例は、5本の指です。
一つひとつの指は、押すか引くだけの機能ですが、5本が団結して集団天才になると、握る力が
加わります。それだけで、物を組み立てたり、持ち上げる力が加わります。

5本の指のような集団になると、職場は革命的進化を始めます。

blog24