グーグル社の「思いやり行動」の実践とその効果

前回、グーグルが2012年から4年間取り組んだ人材教育の成果として「他者への心遣いや同情・配慮・共感」を挙げ、この成果を一言にまとめると「思いやり」(Compassion)として、ネットに紹介されていることをお知らせしました。

思いやりが最高の業績を上げ、人を育てることを証明したグーグル4年間の事実は、重いです。

チーム力を高め、成功に導く要因としても、思いやりの実践と効果で纏めています。

動画で確認したい人は、「グーグルは毎日思いやりがある」で検索して下さい。世界的にも有名な、グーグルのチャディー・メン・タン氏の講演を見ることが出来ます。壁面に大きく“Compassion”の文字を掲示し、自らCompassionの価値を10数回に渡って、繰り返し話されてます。

グーグルという、世界最高レベルの頭脳集団の結論が、一見非科学的な精神論に見える「思いやり」を人材育成のキーワードにしたのは、なぜでしょうか?

欧米の文化は、本来理性主義、実利主義のはずです。

この意味を私は、「思いやりは精神科学の領域を超え、仕事や人生を考える時の、中心的テーマになった」と考えます。

言い換えると、「思いやり」こそ、心のバランスを失った現代人の、最後に残された救いの道であることを、グーグルの実践から、学びたいと思います。

blog48

グーグル発・生産性向上への唯一の答えは「思いやり」

グーグルが、「生産性向上への唯一の答えとして「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」という社内での実践と調査の結果を発表しました。「社員の生産性を極限まで高めるにはどうしたらいいか」という2012年から取り組んできた労働改革プロジェクト(アリストテレス・プロジェクト)の報告です。

そして結論。「チーム力を高め、成功に導く要因は“他者への心遣いや同情・配慮・共感”」となりました。詳しくは、「グーグル 成功のカギ」で検索してください。

この 「他者への心遣いや同情・配慮・共感」を一言で言い表す英語がありません。
(最も近いのがCompassionですが、同情に近い概念です)

日本語にピッタリの言葉を塩川流に解釈するとが「思いやり」です。

グーグルという、世界最高峰の知を駆使する会社が、4年間かけて研究した結論が、「生産性向上への唯一の答えは思いやり(行動)」として、ネットで全世界に発表したのはスゴイことです。

実は私が現在取り組んでいるマネジメント研究は、その原点が「思いやりのマネジメント」です。

その実践舞台を保育園に求め、この10年間、保育園に「思いやり運動」を提唱し、実践を続けています。既に全国37の都道府県で講演や研修をしています。

グーグルの実践と成果発表は、MTSというマネジメントの普及への、大きな裏付けとなりました。

blog47