ブログMTS

MTS総力経営コンサルタント・塩川正人がMTS理念のすべてと実行の要点について、
熱い想いをお届けします。


※文字を大きくしてご覧になりたい場合は、お手数ですが
 各ブラウザーで設定をお願いいたします。
 Internet Explorer → 画面右上歯車のマーク「ツール」をクリック→拡大
 Google Chrome→ 画面右上の三本線マーク「設定」をクリック→拡大


※アメーバブログでも「ブログMTS」を更新中です(同一内容)。
 http://ameblo.jp/mts-institute/

ブログ一覧

集団天才力は「生きる力」を生み出す力

「集団天才力とは?」

正解はありません。

集団天才力を実感し、実行と成果を生み出した人が語る「MTS用語」です。

例えばこんな時です。

・全員が「最重要目標の達成」の一点に集中して総意を結集している時。

・問題の解決策が、次々と生まれてきた時。

・改善を話し合っていたのに「改革」に発展した時。

・Step表の達成イメージに、今までになかった大きな目標を掲げた時。

・上司のサーバント型リーダーシップの実行を見て、皆でと気づき合った時。

・足し算型方式でない、掛け算型方式でスゴイ成果が見えてきた時。

・ブレーンストーミングで、最重要目標の達成方法を話し合っている時。

・職場に自分本位の利己心が消え、利他心で話し合っている時。

組織で働く素晴らしさは「集団天才力」を感じ合う時です。

MTSに取り組む大きな目的は、集団天才力を開発し続けることです。

そのために、集団天才開発マインドを徹底的に磨きましょう!

磨くことで、希望、勇気、感謝、信念、未来など、「生きる力」が湧き起ってきます。

MTSとは、仕事を「生きる力を研究し開発する活動」と考えることができます。

blog49

グーグル社の「思いやり行動」の実践とその効果

前回、グーグルが2012年から4年間取り組んだ人材教育の成果として「他者への心遣いや同情・配慮・共感」を挙げ、この成果を一言にまとめると「思いやり」(Compassion)として、ネットに紹介されていることをお知らせしました。

思いやりが最高の業績を上げ、人を育てることを証明したグーグル4年間の事実は、重いです。

チーム力を高め、成功に導く要因としても、思いやりの実践と効果で纏めています。

動画で確認したい人は、「グーグルは毎日思いやりがある」で検索して下さい。世界的にも有名な、グーグルのチャディー・メン・タン氏の講演を見ることが出来ます。壁面に大きく“Compassion”の文字を掲示し、自らCompassionの価値を10数回に渡って、繰り返し話されてます。

グーグルという、世界最高レベルの頭脳集団の結論が、一見非科学的な精神論に見える「思いやり」を人材育成のキーワードにしたのは、なぜでしょうか?

欧米の文化は、本来理性主義、実利主義のはずです。

この意味を私は、「思いやりは精神科学の領域を超え、仕事や人生を考える時の、中心的テーマになった」と考えます。

言い換えると、「思いやり」こそ、心のバランスを失った現代人の、最後に残された救いの道であることを、グーグルの実践から、学びたいと思います。

blog48

グーグル発・生産性向上への唯一の答えは「思いやり」

グーグルが、「生産性向上への唯一の答えとして「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」という社内での実践と調査の結果を発表しました。「社員の生産性を極限まで高めるにはどうしたらいいか」という2012年から取り組んできた労働改革プロジェクト(アリストテレス・プロジェクト)の報告です。

そして結論。「チーム力を高め、成功に導く要因は“他者への心遣いや同情・配慮・共感”」となりました。詳しくは、「グーグル 成功のカギ」で検索してください。

この 「他者への心遣いや同情・配慮・共感」を一言で言い表す英語がありません。
(最も近いのがCompassionですが、同情に近い概念です)

日本語にピッタリの言葉を塩川流に解釈するとが「思いやり」です。

グーグルという、世界最高峰の知を駆使する会社が、4年間かけて研究した結論が、「生産性向上への唯一の答えは思いやり(行動)」として、ネットで全世界に発表したのはスゴイことです。

実は私が現在取り組んでいるマネジメント研究は、その原点が「思いやりのマネジメント」です。

その実践舞台を保育園に求め、この10年間、保育園に「思いやり運動」を提唱し、実践を続けています。既に全国37の都道府県で講演や研修をしています。

グーグルの実践と成果発表は、MTSというマネジメントの普及への、大きな裏付けとなりました。

blog47

チェックは究極の革新ノウハウ

お金も時間もかけず、最も効果を生み出すノウハウは、悪い結果を是正するノウハウです。

これに気付いたのが、MTSを開発した初期でした。

そして「チェックの仕方こそがマネジメントのノウハウ」という信念が生まれました。

チェックの仕方に、共感と納得を得られたら、どんな困難でも乗り超えられます。

そのために実行したのが、目標のストーリー化と、計画のチェックシステムです。

Plan→Do→Check→Actionの中で、チェックが一番大切です。

このチェックを正しく行う方法として、MTS推進表が誕生しました。

リーダーシップのノウハウも、チェック機能の充実化が一番大切ということも発見しました。

しかしチェックを欠点の指摘や批判にすると、不信や不満の原因になります。

チェックを、次への進化の話し合いの場にすると、相互信頼の場になります。

目標設定に誤りがあっても、チェック段階で、軌道修正ができます。

このチェックを正しく、厳しく行うと、計画のミス、役割分担のミス、他部門との連携ミスなどへの修正や追加、削除など、全てが健全化します。

チェックを正しく行うには実績数字の分析や行動内容把握が必要ですが、MTSはそれを上司1人に依存するのでなく、職場の総力経営で取り組み、改善や改革に直結させます。

blog46

アベノミクス「新・三本の矢」とMTS②

「新・三本の矢」の生産性革命の主役は職場リーダーです。

MTSでは職場リーダーに「集団天才力を開発する人」になってもらいます。集団天才力とは

①改善提案を実行の形でまとめる力。    
②改善を改革へと連結する力。
③成果を金額化する力。
④他部門からの提案を職場で実行の形に纏める力
⑤無駄な活動を止める力。          
⑥2つ以上の仕事を1つにまとめて同じ時間でやる力。

これ以外にもまだまだ無限にあります。これを職場リーダーと職場全体でまとめるので「集団天才力」と言います。

これだけで、生産性革命が始まります。改善や改革を楽しく行う職場づくりがMTSです。

この改善や改革を、Step表・推進表・成果表のMTS3表を使い、われわれは下の7つの手順で実行します。

①トップとMTS総研で、職場リーダー主導の現場の集団天才力開発の全プロセスをまとめる。
 トップと現場の総力が結集することで、一気に全社が注目し、実践への機運が盛り上がります。

②経営幹部に、集団天才力開発研修を実施。

③②と同じ手順で、職場リーダーに集団天才力を開発する研修を実施。

④職場単位で、「MTS集団天才力開発活動」スタート。MTSは皆(M)で天才(T)集団(S)になる!
 
⑤毎週・毎月のチェックと修正。(集団天才力の登録)

⑥半年後に、集団天才力開発成果表を全職場が発表。(発表方法は各社最適の方式)

⑦集団天才力を全職場で使えるノウハウにまとめ、第2期MTSを開始。

 トップと現場が同じ土俵に立つ経営がMTSです。ゆえにMTSに失敗はありません。

blog45