導入研修Q&A

疑問点 答え 
なぜ職場単位でMTS総力経営を始めるのですか?
  • 現実の職場は、個人の足し算で構成されていませんか?
  • 職場は、個人の足し算でなく、掛け算の力にしたいものです。
  • そのための環境づくりがMTSの三思考や三原則のマネジメントです。
  • MTS導入と同時に、全職場で「私たちの職場の掛け算とは?」を明確化していきます。
こんな短時間の研修で職場は本当に変わるのですか?
  • 掛け算マネジメントはMTS三思考・三原則の実行で現実になります。
  • 仕事を真ん中思考で受け止めると、マネジメントの本質が浮き彫りになります。
  • 本質を掴むことで、マネジメントの価値観を共有すること可能になります。
  • MTS導入研修は、参加者全員の「意識革命研修」になります。
  • 実際にこれまで、「これからの経営はMTS方式が一番」と、確信を持って取り組んできた方がたくさんいます。
なぜ成果や効果が出るのですか?
  • シンプルな手法で、職場の最重要目標の達成システムを一気に立ち上げます。
  • 「ステップ表」を共有化し共通言語化することで、全員の目標達成手順が統一化します。
  • 何より大きな理由は、「職場の総力経営」へ、全員の意思統一が行われるためです。
なぜ成果発表会があるのですか?
  • 「発表のための発表」をするものでなく、半期の区切りや来期への 立ち上げの節目に、三原則と三思考を、確認し合うために行います。
  • 発表内容は、A4 1枚にまとめ、負担の少ない、効果的な発表方式で行います。
  • 全員が集まりにくかったり、紙ベースよりもイントラネットの方がいいという意見があれば、それも可能です。
職場導入の方法はどんなやり方がありますか?  導入方法は、会社規模や業種特性、トップや現場ニーズによって異なります。
① 役員・管理者研修と職場リーダー研修に分けて導入。
② 役員や幹部研修、職場リーダー研修の後、一般社員への職場近くの会議室などで2時間行う。
③ 役員・管理者だけで、研修所を使って、一泊二日で本格的に導入。
④ 全社導入でなく、工場だけの導入もある。
 その他、会社事情やニーズに合わせた導入を行います。
成果を上げるためにはどんな留意点がありますか? 「なぜMTS総力経営を導入するか?」の目的を明確にすることです。
赤字の会社なら「黒字にするためのMTS総力経営導入」もあります。

その他
  • 経営方針や経営計画の『見える化』を、MTS手法で実現する
  • MTS三原則と三思考を導入して社員の意識と行動の革新を行う
  • Step表を使った情報と政策の共有で、社員のコミュニケーション力を高める
など、「なぜMTS?」の答えを全員が共通認識することからスタートします。
MTSの失敗事例はありますか?
  • 標準プログラムを押し付ける研修ではありませんから、失敗はありません。
  • ただし、トップの支援がないと勢いが鈍ります。トップとは、社長の場合も事業部長や部長の場合もあります。

私は上司の人間性を信頼していません。部下は非正規社員も多く、世代差もあり、悩みの多い日々です。今の職場に希望を感じません。

  • 上司も部下も自分で替えることはできません。相手の人格を変えることもできません。
  • 上司や部下に感謝しましょう。なぜなら自分を進化させるチャンスです。
  • 人間関係問題”は、全部「自分の問題」という仮説を立てましょう。上司も部下も、自分の人間力を磨くことを、期待しているとします。
  • 職場は、一生の半分を過ごす場です。職場であなたの人間力を磨きましょう。そのためのMTSにしましょう。MTSの考え方と行動の全部が役立ちます。
  • MTSで職場を変える。このチャンスは、今を失うともうないかもしれません。
  • MTSとの出会いを、そのように受け止めると、全てが「希望」へと向かいます。
当社は目標管理制度を導入しています。どう関わったらいいですか。
  • 目標管理制度は、制度として運用のため、パワーを引き出すのが難しく、やらされ感を感じる人の多いのが現実ですね。 特に初期の難易度設定や期末の達成度評価も、本当に難しいです。
  • MTSはその全てが、目標管理制度と融合できます。いきなり着手するというより、「最重要目標」への共通認識や、達成度や評価に客観性を加える工夫をしつつ、3年計画で統合すると考えたらいいと思います。